おいしいサニーレタスの選び方

2016年10月21日 | 野菜の選び方 |

サニーレタス

レタスといえば、丸い玉レタス。その玉レタスの仲間(?)として、スーパーなどで隣同士で売られている野菜に、サニーレタスがある。サニーレタスは、玉レタスと違って結球しないリーフレタスの一種だ。
どれも使いみちは似たようなものだし、栄養も変わらない、と思われている方も多いかもしれない。
しかし、普通の玉レタスは淡色野菜に分類され、栄養もさほど多いほうではないのに対して、サニーレタスは黄色野菜に分類され、栄養価も高い食材なのだ。
こちらでは、葉が赤いサニーレタスの選び方を主にご紹介する。

広 告

基本的なサニーレタスの選び方

葉がみずみずしいもの

まずは見た目で、葉の先までみずみずしく、弾力とハリがあり、葉先がより細かく縮れているものが良品だ。

色が鮮やかなもの

葉の色は、先端の赤紫色と緑色のコントラストが鮮やかなものが良い。

重いものより軽いもの

サニーレタスは、みずみずしさが命。
といっても、水分を多く含んでいそうな重いものが良いわけではない。レタスやサニーレタスは萎れてくると重みを増していく野菜で、軽いものほど鮮度がいいのだ。
重いものより、軽いものを選ぶようにしよう。

保存方法

乾燥しないよう、湿らせた新聞紙かキッチンペーパーに包んでポリ袋に入れ、葉先を上に立てた状態で冷蔵庫に保管する。
しなびないうちに、早めに使い切ろう。

サニーレタスの栄養

淡色野菜である玉レタスに対し、サニーレタスは緑黄色野菜だ。栄養も玉レタスより多く含んでいる。
サニーレタスの葉の赤紫色はアントシアニンによるもの。アントシアニンには抗酸化作用があり、眼精疲労の回復などに効果があるとされている。
その他、βカロテンやカルシウムなども含まれている。

サニーレタスに関連する選び方