パイナップルの選び方

2016年9月17日 | 果物・フルーツの選び方 |

20101221-pineapple1

フルーツとしてだけではなく、タンパク質分解酵素を持つので肉料理などのパワフルな食にも相性の良いパイナップル。
大きいため手に取って確認するのは面倒であるので、ここでは見た目から簡単にそのおいしさを判断する選び方をご紹介する。

広 告

パイナップルの選び方

下半身太りのものは甘くてジューシー

全体的に丸いフォルムで、下半身が太っているものは、
果汁が多く甘くてジューシーなものが多い。
どうせならこのスタイルのものを選ぶべきだろう。

葉っぱが小さく緑で新鮮なものを

葉っぱがついている場合は、その緑さで新鮮かどうかを判断できる。
そして大切なのがその大きさで、これは小ぶりで引き締まっているものがベスト。
青々とした生きの良いものを見つけてみるといいだろう。

カットされたパイナップルの選び方

中身が見えるので選びやすい。
カットされて販売しているものを選ぶ場合は、迷わず濃く色づいて、
ツヤツヤと輝いているものを選び取ろう。
熟して甘い場合が多い。

パイナップルのおいしい食べごろ

あの甘い香りが強くなりはじめ、実の全体の2/3程度が赤黄色っぽく色づいてきたら食べ時だ。
そのころには葉も少し枯れ始めているので、ともに目安としておきたい。
ちなみに豆知識として紹介するが、葉っぱの部分をクラウンと呼び、指し木で新たにパイナップルを栽培することもできる。
ただし一般市民には気候条件が整わないため徒労に終わる可能性が高い。

パイナップルに関連する選び方