おいしい桃の選び方

2016年9月17日 | 果物・フルーツの選び方 |

20101221-momo1

大分すると「白桃」と「桜桃」と分けられるが、選び方には特に違いない。

芳醇な香りと果汁が魅力的な、夏の果物の代名詞だ。

スーパーや桃狩りで役に立つピーチな選び方をご紹介する。

広 告

桃の選び方

尻の白いものを選ぶ!

もともと桃の尻は青く、これが熟すことによって白くなる。
よって桃尻は白い方が甘くおいしい。

赤く色づいたものを選ぶ!

色による判断基準として、桃の赤さも大切なポイントだ。
桃色というとピンクで間違いないと思うが、
実際には薄かったりぼやけた色より、はっきりと赤いと感じるものの方がより甘くおいしい。

横長のものを選ぶ!

桃を上から(下からでもOK)見たとき、真ん中の割れ目を中心に、
横に楕円形の形をしているものを見つけ出そう。

どうせなら大きいサイズのものを

大きさによって基本的に甘さに影響はないが、
大きい方がより手入れなどもしやすく良く育っている証拠でもある。
小さいものよりは大きいサイズの桃を選んだ方が無難である。

皮がブツブツしているものを選べ

表面には産毛が生えているが、これとは別に表面がブツブツしているものを選ぼう。
こちらのほうがより味がおいしい。

おいしい桃の選び方

桃の旬は6月〜9月にかけて。
どうせなら季節も選び方の基準に入れておきたい。

桃に関連する選び方