おいしいマンゴーの選び方

2016年9月17日 | 果物・フルーツの選び方 |

20101220-mango1

高級フルーツでお歳暮などでも喜ばれるマンゴー。

今回は沖縄産完熟アップルマンゴーについての選び方をご紹介する。

広 告

完熟マンゴーの選び方

赤さは気にしない

完熟マンゴーというと真っ赤なイメージが強いが、それはあまり甘さに関係しない。
なぜならその赤さは人工的に作られている場合が多いからだ。
見た目が良いので惑わされがちだが、まずはこの先入観を取り払うことから始めてもらいたい。

薄紅色ぐらいがナチュラル

色の判断目安としては薄紅色ぐらいを持っておくといいだろう。

ヘタの周りが盛り上がっているもの

ヘタが一段くぼんでいて、その周りが盛り上がっているように見えるものは良いマンゴーといえる。

もちろん傷と斑点の少ないものを

やはり傷が少なく、黒い斑点も少ないもののほうがよい。

おいしいマンゴーの選び方

高級品ゆえに管理が行き届いているためそれほど選び方にこだわらなくても安心の部類ではあるが、一つだけアメリカ産などで完熟と歌っているものはやめておいた方が良いだろう。
マンゴーはそれほど日持ちがするものではなく、7、8割完熟しているものを船で輸送しようものなら、日本に着く前に必ず腐っている。
赤いだけのマンゴーや聞き慣れない産地のマンゴーはさけて素直に沖縄産のものを選択するのが無難である。

マンゴーに関連する選び方