おいしいキウイの選び方

2016年9月17日 | 果物・フルーツの選び方 |

20101218-kiui1

野菜に匹敵するほど食物繊維を多く含む便秘にも効果的なフルーツ。
たんぱく質を分解する酵素も持っているため、まさに食後のデザートしては最適である。
今回はこのキウイのおいしい選び方をご紹介したいと思う。

広 告

キウイの見た目からの選び方

毛の生え揃っているものを選ぶ!

まずは大原則として表面の毛が生え揃っているキウイを選ぼう。
ちょっとべちゃっとしてたり、部分的に禿げているものは、鮮度が悪かったり中身がぐちゃぐちゃな可能性がある。

シワのないものを選ぶ!

次は表面の皮にシワや傷のないものを選ぶようにしよう。
傷があるとそこから痛んでいたり、シワがあると鮮度が低い可能性が高いからだ。

いびつな形、黒いものは避ける!

きれいな俵の形をしたものを選ぶようにしよう。
また色は薄い茶色のものが良い。

キウイの手触りからの選び方

程好く弾力のあるものを選び取れ!

程好い弾力のキウイは食べごろだ。
逆に硬いと酸味が強く、すっぱい可能性が高い。
弾力を確かめるには、頭とお尻を掴んで少しへこむ感じを確認するといい。

おいしいキウイの選び方

ちなみにまだ硬いキウイを柔らかくしたいなら、リンゴやバナナなどエチレンガスを放出する果物と一緒に冷蔵庫で2、3日保管すると柔らかくなるはずだ。

キウイに関連する選び方