おいしい柚子(ゆず)の選び方

2016年10月13日 | 果物・フルーツの選び方 |

柚子

爽やかな香りを持ち、薬味として、香りづけとして活躍する柚子。
冬至には、柚子をお風呂の湯に浮かべて柚子湯を楽しむ人もいるだろう。
果皮は刻んで料理の風味づけに、果汁は鍋物や焼き魚にかけたり、ジュースにもできる。皮も果汁もまるごと楽しめる柚子の選び方をご紹介しよう。

広 告

基本的な柚子の選び方

皮は硬くデコボコ

まずは手に持ってみて、皮が硬くてデコボコしているものがいい。
皮がブヨブヨしているものは、収穫から時間が経っているものだ。

香りを確認

柚子の一番の魅力はやっぱり香りだ。
皮の表面を嗅いでみて、より香りが強いものを選ぼう。

キズがあっても大丈夫

柚子の皮にキズがあっても、品質には問題ないので大丈夫。
柚子の木には、枝に鋭いトゲがたくさんあり、果実にも傷がつきやすい。そのため柚子は表面に多少キズがあっても、それが当たり前なのだ。

保存方法

柚子は気温が低い時期であれば常温で保存可能だ。気温が高いときは、密封できる袋に入れて冷蔵庫で保管しよう。どちらも1週間程度が目安。
多少古くなってしまっても、お風呂に入れて柚子湯として十分に使えるので、捨てずにおこう。
皮の部分は冷凍保存もできる。皮を広めに剥き、裏側の白い部分は少しだけ残しておく。それをラップで包み、袋に入れて冷凍する。
皮は細かく刻んだものを冷凍すると香りが飛んでしまうので注意しよう。

柚子(ゆず)に関連する選び方