おいしいラズベリーの選び方

2016年10月20日 | 果物・フルーツの選び方 |

ラズベリー

ラズベリーは、フランス語で「フランボワーズ」と呼ぶ。鮮やかな赤色と甘酸っぱい風味が魅力で、タルトやケーキなどの洋菓子には欠かせない食材だ。
アメリカなどで生産された輸入物がほとんどだが、フレッシュラズベリーも出回っている。ラズベリーは比較的栽培しやすく、ホームセンターなどで苗木も販売されている。

広 告

基本的なラズベリーの選び方

フレッシュラズベリーを選ぶなら、色が濃く、粒の一つ一つにハリがあるものを選ぼう。
傷んで形が崩れていないか、ヘタのついていた部分にカビが発生していないか注意しよう。

保存方法

生のラズベリーは非常に傷みやすく、カビも発生しやすい。冷蔵保存する場合は1~2日のうちに使い切ること。
冷凍するなら、粒同士がくっつかないように凍らせる。冷凍したものはジュースやフルーツソース、ジャムなどに利用しよう。

食べ方

pudding-1719824_640

新鮮なフレッシュラズベリーをケーキやタルトのトッピングにすれば、見た目も味も華やかに彩ってくれる。手軽にヨーグルトやアイスクリームに添えてもいいし、単体で食べてももちろんおいしい。
冷凍ラズベリーを使うなら、ミキサーでジュースやスムージーなどに。
加熱して、ジャムやフルーツソースとしても活用できる。

ラズベリーの栄養

ラズベリーには美白効果のあるビタミンCをはじめ、抗酸化作用のあるビタミンE、アントシアニンなどのポリフェノールが豊富に含まれていて、アンチエイジングに効果が期待できる。
また、ラズベリーの香りのもとであるラズベリーケトンという成分に脂肪燃焼効果があることが、近年になり発見された。その効果は唐辛子に含まれるカプサイシンの約3倍ともされている。

ラズベリーに関連する選び方