おいしいカワハギの選び方

2016年11月16日 | 魚介類の選び方 |

カワハギ

カワハギは脂肪が少く弾力のある白身で、あっさりとした味わいを持つ。肝は脂が多く濃厚で、こちらも美味。身が美味しい旬は夏場で、肝が美味しい旬は栄養をたくわえた秋から冬場だ。
カワハギの種類は100種以上ともされているが、食用にされるのはカワハギとウマヅラハギの2種類のみ。ウマヅラハギはカワハギに比べて若干味が劣るともいわれるが、加工品にも利用され、カワハギ同様に需要の高い食用魚である。

広 告

基本的なカワハギの選び方

目が澄んでヒレが乾いていないもの

カワハギは皮が厚く、水揚げ後の変化が見た目に出ないため、目利きが難しい魚だ。
目を見て、よく澄んでいるもの、ヒレが乾燥していないものを選ぼう。
商品の回転率が高いお店で購入するのが無難。

肝が大きいもの

カワハギは身もさながら、肝も美味しい。身が太って肉厚で、腹部が膨れて硬めのものが、肝も大きい良品だ。

カワハギ料理

カワハギ刺身

カワハギの身は歯ごたえが魅力でもあるので、新鮮なものならフグのように薄造りにするのがおすすめ。肝を溶かした醤油につけると絶品だ。
肝は活魚であれば生で食べれるが、一度締められて時間が経過しているものは塩茹でにする。
鍋や汁物に骨ごと投入すれば、カワハギの旨味を十分に活かせる。こちらも湯通しした肝を加えると一層美味しくなる。

カワハギに関連する選び方